工場屋根の防水・塗装・遮熱対策のすすめ - 工場倉庫の修繕(屋根・床・外壁・内装・トイレ,外構)・増改築・リノベ・省エネ・耐震-工場倉庫レスキュー隊

工場倉庫の修繕(屋根・床・外壁・内装・トイレ,外構)・増改築・リノベ・省エネ・耐震-工場倉庫レスキュー隊にお任せください

電話でのお問い合わせカタログダウンロード無料見積り

工場屋根の防水・塗装・遮熱対策のすすめ

皆様は、工場の雨漏りや塗装の剥がれ、暑さ対策にお困りではありませんか?
この記事では、屋根の防水・塗装・遮熱について、分かりやすく解説します。

この記事を読むことで、以下のことが分かります。
•屋根の防水・塗装・遮熱の必要性
•それぞれの役割と効果
•選び方と施工方法
•費用相場
•業者選びのポイント

この記事は、以下のような方におすすめです。
•屋根の防水・塗装・遮熱を検討している方
•屋根に関する疑問や悩みがある方
•業者選びに迷っている方

工場屋根の防水・塗装・遮熱って?

工場屋根の防水・塗装・遮熱は、建物の寿命を延ばし、快適な住環境を守るために欠かせないものです。

1.防水

雨漏りは、建物の劣化を早めるだけでなく、シロアリ被害やカビなどの健康被害の原因にもなります。具体的には、以下のような問題を引き起こします。

•木材腐食:雨水が木材に染み込み、腐食させる。
•断熱材劣化:雨水が断熱材に染み込み、性能を低下させる。
•電気系統への影響:雨水が電気系統に侵入し、ショートや感電の原因となる。
•カビやダニの繁殖:湿度の高い環境は、カビやダニの繁殖を促進する。

防水工事は、こうした問題を解決するために、屋根の表面に防水膜を施工することで、雨水を侵入させないようにします。

2.塗装

塗装は、屋根を紫外線や風雨から守るだけでなく、美観を維持する効果もあります。具体的には、以下のような効果があります。

•紫外線対策:紫外線による色あせや劣化を防ぐ。
•風雨対策:風雨による傷や汚れを防ぐ。
•美観維持:屋根を美しく保つ。

また、遮熱塗料を使用することで、夏場の室温上昇を抑えることができます。

3.遮熱

遮熱は、屋根に太陽光の反射率の高い塗料を施工することで、室温上昇を抑えます。夏場の冷房費節約に効果があり、地球温暖化対策にも貢献できます。具体的には、以下のような効果があります。

•室温上昇抑制:太陽光の反射率の高い塗料を施工することで、室温上昇を効果的に抑える。
•冷房費節約:室温上昇を抑えることで、冷房費を節約できる。
•地球温暖化対策:冷房費節約によるCO2排出量削減に貢献できる。

屋根の防水・塗装・遮熱の必要性

屋根は、常に厳しい環境にさらされています。紫外線、風雨、雪などによって、屋根材は徐々に劣化していきます。
防水・塗装・遮熱工事は、こうした劣化を抑制し、屋根の寿命を延ばす効果があります。具体的には、以下のような効果があります。

•屋根材の劣化抑制:紫外線、風雨、雪などの劣化要因から屋根材を守る。
•建物の寿命延長:屋根材の劣化を抑制することで、建物の寿命を延ばす。
•修繕費節約:屋根材の劣化による修繕費を節約できる。
•快適な住環境:室温上昇を抑え、快適な住環境を実現する。
•省エネ:冷房費を節約することで、省エネに貢献できる。

選び方と施工方法

1. 防水

防水工事には、主に以下の3種類があります。

①シート防水

防水シートを屋根に貼り付ける方法です。比較的安価ですが、耐久性は他の方法に比べて劣ります。シート防水のメリットでは安価、施工が簡単などがあります。デメリットは耐久性が低い、見栄えが悪いなどです。

②アスファルト防水

アスファルト防水材を塗布する方法です。シート防水よりも耐久性が高く、複雑な形状の屋根にも施工できます。メリットは、シート防水よりも耐久性が高い、複雑な形状の屋根にも施工できるなどです。デメリットは、アスファルト防水層は重いため建物に負担がかかる、経年劣化でひび割れが発生するなどです。

③ウレタン防水

ウレタン樹脂を塗布する方法です。高い耐久性と密着性を誇り、あらゆる屋根材に施工できます。メリットは紫外線に強く、伸縮性に優れています。デメリットは、アスファルト防水よりも価格が高い、硬化までに時間がかかるなどです。

2. 塗装

塗装には、主にアクリル塗料とシリコン塗料の2種類があります。メリット・デメリットを整理します。

①アクリル塗料

耐候性が高く、比較的安価です。

メリット
•耐候性:紫外線や風雨に強く、長持ちする。
•価格:比較的安価で、コストを抑えられる。
•施工性:扱いやすく、施工が簡単。
•仕上がり:光沢のある美しい仕上がりになる。
•カラーバリエーション:豊富なカラーバリエーションから選ぶことができる。

デメリット
•耐熱性:シリコン塗料に比べて低い。
•防藻性・防カビ性:シリコン塗料に比べて低い。
•チョーキング:経年劣化により、塗膜表面が白亜化する現象が起こる可能性がある。

②シリコン塗料

耐候性と耐熱性に優れています。

メリット
•耐候性:紫外線や風雨に非常に強く、長持ちする。
•耐熱性:高い耐熱性があり、屋根などの高温になる場所にも適している。
•防藻性・防カビ性:優れた防藻性・防カビ性があり、藻やカビの発生を抑制する。
•チョーキング:経年劣化による塗膜表面の白亜化が起こりにくい。
•仕上がり:上品なツヤのある仕上がりになる。

デメリット
•価格:アクリル塗料に比べて高価。
•施工性:アクリル塗料に比べて、やや施工が難しい。
•カラーバリエーション:アクリル塗料に比べて、カラーバリエーションが少ない。

3. 遮熱

遮熱塗料には、主に反射型塗料と放熱型塗料の2種類があります。メリット・デメリットを整理します。

①反射型塗料

太陽光の反射率が高く、室温上昇を効果的に抑えます。

主な特徴
•太陽光の熱エネルギーを反射することで、屋根表面の温度上昇を抑えます。
•その結果、室内への熱伝導を抑え、室温上昇を防ぎます。
•夏場の冷房費節約に効果があり、地球温暖化対策にも貢献できます。

代表的な反射型塗料
•光触媒塗料:光触媒の作用により、太陽光の反射率を高めると同時に、汚れを分解・除去する効果もあります。
•遮光塗料:太陽光の可視光線を反射することで、室温上昇を抑える効果があります。

②放熱型塗料

太陽光を熱に変換し、遠赤外線として放出する塗料です。

主な特徴
•太陽光の熱エネルギーを吸収し、遠赤外線として放出することで、屋根表面の温度上昇を抑えます。
•その結果、室内への熱伝導を抑え、室温上昇を防ぎます。
•反射型塗料よりも効果が持続すると言われています。

代表的な放熱型塗料
•セラミック塗料:セラミックの持つ高い放熱性を活かした塗料です。
•スタッコ塗料:スタッコと呼ばれる素材を混ぜた塗料で、高い放熱性と断熱性を誇ります。

費用相場

屋根の防水・塗装・遮熱工事の費用相場は、以下の通りです。

•防水工事:50,000円~100万円
•塗装工事:10万円~30万円
•遮熱工事:10万円~20万円

業者選びのポイント

屋根の防水・塗装・遮熱工事は、専門業者に依頼する必要があります。業者選びの際は、以下のポイントに注意しましょう。

•実績:豊富な実績を持つ業者を選びましょう。
•保証:施工後に保証を提供している業者を選びましょう。
•見積もり:複数の業者から見積もりを取り、比較検討しましょう。
•口コミ:インターネット上の口コミをチェックしましょう。

まとめ

屋根の防水・塗装・遮熱は、建物の寿命を延ばし、快適な住環境を守るために欠かせないものです。この記事を参考に、自分に合った業者を選び、適切な工事を行ってください。

今すぐ対応してほしい!
愛知県内・岐阜県内即日対応
お電話でのお問い合わせ
愛知県・岐阜県の工場・倉庫の修繕・改修・増改築・太陽光・省エネ・耐震補強ならお任せ下さい岐阜県で倉庫建築・工場建築を低価格で実現するお電話でのお問い合わせ
Copyright KOJO RESUCUE TAI All Rights Reserved.
トップへ戻る